カリスマの歩き方

【歩き方Vol.388】佐賀記念は見どころ満載! ともにワクワクを味わおう!
みなさま! おはようございます!
副編集長の中田です。

新星誕生で幕を閉じた今年の共同通信杯。ダノンキングリーが記録した上がり3Fはなんと32秒9……
「ストップ・ザ・アドマイヤマーズ」を果たし、次なる目標は「ストップ・ザ・サートゥルナーリア」ということになるのでしょう。

ちなみにダノンキングリーを生産した三嶋牧場は昨年カンタービレ、ミッキーチャームと牝馬クラシック戦線を賑わせた2頭を輩出。ノーザンファーム1強に待ったをかける「馬産地の星」としても今後の活躍に期待したいところですね。

さて、今日の重賞はクイーンC。そして佐賀記念。

特に16時30分に佐賀競馬で行われる【佐賀記念】は見どころ満載!
過去にはスマートファルコンやホッコータルマエといったのちのGI馬が佐賀記念勝利をきっかけに羽ばたいていくことに。来週行われるフェブラリーSに出走してもおかしくないメンバーが九州の地に集まっているんです!

皆さまはダノンキングリーのレースぶりにワクワクしませんでしたか?

同じような感覚が【佐賀記念】で味わえるかもしれないとしたら……ワクワクしてきませんか?

競馬のカリスマでは、そんな佐賀記念を以下の予想陣が提供させていただきます!

⇒血統の1号 佐賀記念の予想
⇒砂の6号 佐賀記念の予想
⇒小鳥の7号 佐賀記念の予想
⇒競馬評論家・田原基成 佐賀記念の予想

競馬において、未来に視点を向けるのはとても大事なこと。
未来のGI馬が見つかるかもしれないレースを予想家渾身の予想とともにぜひお楽しみください!

以上、中田でした!

---------
⇒プロの予想&悪魔の裏メルマガが読める競馬のカリスマに今すぐ申し込む
⇒VIPプランお申し込みはこちら
---------