カリスマの歩き方

【歩き方Vol.366】秋の古馬三冠攻略! 2号さんがGIに強い理由とは?
みなさま。こんばんは。
副編集長の中田です。

障害王者オジュウチョウサンの参戦で例年とは違った盛り上がりを見せた有馬記念。

『競馬のカリスマ』ではカリスマ予想家たちが語った「有馬記念の思い出」を全会員様向けに公開していました。

【イベント】血統の1号 有馬記念の思い出
【イベント】砂の6号 有馬記念の想い出
【イベント】小鳥の7号 有馬記念の思い出
【イベント】データの8号 有馬記念の思い出
【イベント】競馬評論家・田原基成 有馬記念の思い出

各々のエピソードをお読みいただけた方は本日の開催をより一層お楽しみいただけたのではないでしょうか。

ちなみにまだ公開中ですので、グランプリの余韻に浸っている方はぜひご覧ください!

さて、その有馬記念。『相馬眼の2号』さんが馬連&3連複を的中されました。

【VIP】相馬眼の2号 有馬記念/阪神9R 千両賞の予想

上記のコラムをお読みいただけるとお分かりですが、今回の的中で『秋の古馬三冠を全攻略』!

なぜ2号さんはGIの舞台で強いのか。

ワタクシ中田が考えるその理由は『GIは一流馬が揃っている』からです。

ビッグレースに出走する馬はトップホースですので実力の高さは疑う余地がありません。

だからこそ、デキの違いやわずかな馬体の変化などが勝敗を大きく分ける要素だと思います。

ましてや秋の古馬三冠は「1つのローテーション」として繋がっているレース。各馬の仕上がり具合が点ではなく線で分かるはずです。

2号さんはこのような重要な部分を見極められるので「秋の古馬三冠攻略」を達成したのではないでしょうか。

これは来週のホープフルSにも似たようなことが言えます。

出走してくるのは日に日に成長していく2歳馬。中には短期間で別馬のようになっている若駒がいるかもしれません。

中央競馬ラストを飾るホープフルSは2号さんの見解に注目していただけると攻略のヒントが掴めるはずです!

そして、若駒と言えば『1号さん』!

アーモンドアイの出世を予言していた方ですので、来年のクラシックを賑わす馬をチョイスしてくる可能性が十分にあります。

2号さんが「過去から現在」を読み取るのが得意なら1号さんは「現在から未来」を導き出すのが得意。

有馬記念が終わったからと言って、一区切りするのはもったいない!

来週の開催はタイプが違う両者の見解をお楽しみください!

以上、中田でした。

---------
⇒プロの予想&悪魔の裏メルマガが読める競馬のカリスマに今すぐ申し込む
⇒VIPプランお申し込みはこちら
---------