カリスマの歩き方

【歩き方Vol.328】6日(火)は豪州GI・メルボルンC! つまり海外イベントが実施されます!
みなさま。こんばんは。
今日も副編集長の中田がお届けします。

JBC3競走は日本人騎手の意地を感じましたね。

C.ルメール騎手がJBCスプリントを制したことで「また、ルメールか」なんてことを思われた方が多かったはずですが、その後の「JBCクラシック」は福永騎手、「JBCレディスクラシック」は横山典騎手が勝利。

来週のエリザベス女王杯でも日本人騎手の逆襲に期待したいですね。

ただ、来週の開催前に注目しないといけないレースがありますよね。そう、明後日の火曜に行なわれる豪州GI『メルボルンC』です!

この話題を挙げたということは『競馬のカリスマ』でイベント予想が実施されるということ。

イベント名は『豪州競馬の祭典!「メルボルンC」を攻略せよ』です!

読んで字のごとく、各予想家さんにメルボルンCを攻略していただきます。

ここで中田がオススメしたい予想家をご紹介!

それが『血統の1号』さんです。

1号さんは「海外馬券の1号」と呼ばれるほどの海外巧者。

昨年の凱旋門賞で◎○▲決着、今年の同レースも攻略など海外GIで無類の強さを誇っています。

なぜ、ここまで海外競馬を得意としているのか? 

・・・それは世界中の血統を熟知しているから!

1号さんは血統に関するワールドワイドな知識があるので海外でも中央競馬の見解と同じような切れ味鋭い「血統予想」を繰り出してきます。

とくに今回のメルボルンCは芝3200mの長丁場。

長距離戦では「近走の成績が良くて人気を集めているけど、いざ走ってみたら距離が長すぎてさっぱり」なんてことがありえます。

このように距離適性が勝敗を分けるポイントになってくるため、ステイヤーかどうかを見極める血統面は非常に重要!

「海外GI×長距離GI」はまさに血統予想が得意としているカテゴリーと言えるでしょう。

メルボルンCの発走時間は『日本時間11月6日(火)の13:00』。

これまでの海外GIと違って、時間が早いのでお忘れなく!

1人でも多くのカリスマ予想家さんにご参加いただけるように交渉中ですので、ぜひレース当日を楽しみにお待ちください!

以上、中田でした。